ハリウッド、ニューヨークを目指す日本人へ!

ただ無謀にアメリカに行っても、どうにもならない

ニューヨーク「単身渡米」というと、カッコイイかもしれませんが、計画なく無謀にアメリカに行っても失敗します。
向こうは、俳優がウジャウジャいます。どこもかしこも俳優だらけ。
そんな俳優たちが、しっかりと経験則に基づいて行動し、エージェンシーに所属し、演技力を磨き、オーディションを受けています。
なにも持たずに行って通用するものではありません。

アメリカで闘う以前に語学

ロサンゼルスそもそもアメリカで活動するには英語が相当できなくてはいけません。
現地に行ってからなんとかしよう、という考えでいませんか?
日本人が白人の役につくことはできないですから、アジア人の配役に対して勝ち取らなくてはなりません。
中国や韓国、台湾、香港から俳優は集まってきていますが、英語力で引けをとっていては勝てないのです。
完全な競争社会ですから、日本のようにコネやルックスでどうこうなると考えてはいけません。

演技力に格段の差がある

アメリカ人と日本人、演技力の差アメリカの俳優たちは日本の俳優たちよりもはるかに演技を学んでいます。
あなたはどのくらいの期間演技を教わったでしょうか? そしてその内容は世界標準のものだったでしょうか?
演技の基礎すらも知らないのに、渡米する人が多すぎます。
確かに日本のほとんどの養成機関の質は低いですが、日本でも当校のように本質的な演技力を身につけられる場所がわずかながらあります。
語学も兼ねて早めに渡米するという人も、まずは徹底的に演技を磨くことに集中したいですね。

一番のハードルはビザの問題

演劇学科のある大学 カリフォルニア州立大学日本人が、普通にアメリカに行って仕事ができるわけではありません。ビザが必要になります。観光ビザで行っても、何もできないのです。
社会的に職業として認定されたアーティストビザを取得すれば、俳優として働くことが可能ですが、そのためには実績を積み上げなければいけません。その上で、弁護士を雇い、約50万円くらいかけて申請し、見事通過すれば取得できます。

通常、学校に入れば、学校の範囲内でアルバイトなどはできます。また、学生の自主映画制作に携わることで、ギャラはなくとも多少の実績を積むことができます。ですから、一度学校に入らざるを得ません。

アメリカで「俳優」になるための戦略は?

OPTを取得できる演技学校へ日本人に与えられるアーティストビザ取得までの猶予は最大で1年間です。
卒業後に実地研修期間として与えられるOPTという制度があり、1年間だけ自由に働くことができます。
その1年の間に、「職業=俳優」と認定してもらえるだけの実績を残さないといけないのです。
これがどれだけハードルの高いことかわかるでしょうか?
英語も演技力も中途半端なままですと、なにもできないまま1年後帰国です。

その前にOPTを取れるところまで持って行くのに、資金が必要になります。
学校に通って、卒業したときに得られる資格ですから。
大学であれば4年間みっちりと英語も技術も磨いて、その後1年間の勝負に出ることができます。
在学中に築いたコネクションなどを使って、なんとか実績を積んでいきますが、みな焦っています。

そもそも大学の学費はとても高いし、卒業まで待っていられないといえるでしょう。
学問を学びに行ったのではなく、俳優として挑戦しにいったのだと。

OPT、F-1ビザを取れるアクティングスクールとすると、OPTを取れるアクティングスクールを選ぶ必要があります。
これが取れないと、チャンスの期間が非常に少なくなります。
専門学校などでM-1ビザを取得できた場合、卒業後労働できる期間はわずか3ヶ月。最大でも6ヶ月です。

OPTを取れるF-1ビザという学生ビザを取得できるアクティングスクールだけが、
1年間の猶予を得ることができます。
ですから、アーティストビザを取るための猶予期間をつくるためには、F-1ビザを出してくれるアクティングスクールに行きましょう。
当校と提携しているLAPACは、F-1ビザを出してくれるアクティングスクールです。

武者修行という手もある

ニューヨークで武者修行?ビザに有利なアクティングスクールは、海外からのインターナショナルな生徒も多く、英語に対するサポートが強いのも安心です。
ただし、授業の質は、本場の俳優向けというわけではないので、いくらかレベルは落ちます。しかし、ほとんど演技を学んでいない日本人俳優にとってはちょうどいいレベルといえるかもしれません。
また、学費が高いという難点もあり、ニューヨーク・フィルム・アカデミーは、学費が高くて授業の質が悪いともいわれています。

ビザを無視して、本物の演技力に磨きをかけたいのであれば、HB Studioなど日本人もたまにいて、授業の質が高いスクールもあります。
そういうところで実力をつけて、日本に帰ってきて実績を積むということもアリですし、労働はできなくても、自主映画などに出まくって実績をつくる武者修行もアリでしょう。とはいえ、貯金は一方的に減るだけで、隠れてアルバイトをするなどのリスクを負わないと厳しいでしょう。

一番安全で確率の高い、アメリカ進出ロードマップはこれだ

1年~3年

1.まずは日本で俳優として演技力と英語力を磨け!

アメリカで短い期間で結果を出すためには、日本でやらなければいけないことがたくさんあります。

  1. 演技力を総合的に身につける
  2. 英語力をひたすら鍛える
  3. 少しでも日本での実績(できれば映画)を積み重ねておく

ということです。理想をいえば、準備期間3年を要したいところ。急いで2年。最低でも1年。
もう既に実力に自信があるのであればいきなり渡米しても構いません。

演技力養成であれば、スタニスラフスキーやマイケル・チェーホフ、インプロやシアターゲームなど世界標準の俳優訓練をプロ志望者向けに届けているWIASが最も適しています。英語力向上に関しても優良英会話プログラムを紹介しています。

WIAS 日本の国際的なアクティングスクール

1年~2年

2.渡米!アメリカのアクティングスクールで演技と英語を磨き、ビザを取得する。

卒業後にOPTを取れる、大学生らと同等のF-1ビザを取得できるインターナショナルなアクティングスクールに入学。
英語での授業や、英語での演技になれながら、アメリカで主流のメソッドアクティングを中心に演技を学びます。日本でしっかりと準備していれば、気後れすることはありません。

WIASと提携関係を結んでいるLAPAC(Los Angeles Performing Arts Conservatory)では、毎年日本人が数名学んでいます。2019年よりWIASが日本デスクとなることで、日本人のサポートを更に充実させます。日本人の卒業生長真由さんが様々なサポートをしてくれる他、少しでも金銭的負担を減らすためにWIASから500ドル返済不要の奨学金を出します。これにより、単身正規で留学するよりも安くなります。

LAPAC ロサンゼルス・派フォーミングアーツ・コンサーバトリー

1年

3.卒業し、OPTを利用しての1年間の猶予期間で実績を作りまくる!

さぁ、これでアメリカで俳優としてお金をもらう仕事ができます。しかし、1年間だけです。この間に、実績をたくさん積んで下さい。
とはいえ、オーディションの競争率は激しく、そう簡単にはいきません。

  1. 日本人を擁するAgencyに所属せよ。
  2. 日本人の横の繋がりを利用して、孤独にならないように、力を合わせて闘う。
  3. 金を取れる演技力・英語力へと更なる実力アップ。
  4. IMDbクレジットをひたすら増やす。

これらが大切だといえるでしょう。特に、俳優の実績の証拠とされるのがIMDbです。これは日本の映画も含むことができるので、日本での活動もアドバンテージになりますが、やはり現地の作品に出ることがオーディションで勝つためにも有利になります。

WIAS校長別役慎司は、2018年、2019年と渡米ワークショップを成功させ、日本人のコネクションも広げています。また、LAPACでコーディネーターをしている長真由さんもコネクションを広げています。日本人の有力キャスティングディレクターとも懇意にして頂いており、WIAS経由でアメリカチャレンジするなら、有利に進めていくことができます。とはいえ、現実は厳しいですがね!

~年

4.俳優として就労ビザを取得して、ようやく同じラインに立てる!

見事実績を積み上げて、あなたが「職業=俳優」として認められたら、アーティストビザを得ることができます。
しかし、証拠として提示する実績は非常にハードルが高いです。
IMDbクレジットだけでなく、主役を演じた経験や、新聞やメディアなどに取材された経験、受賞歴、国際的な評価など、たった1年でつくりあげるにはあまりにも高いハードルがあるので、日本での準備期間にできる限りのことをしておきましょう。

この段階になると、手助けはほとんどできません。とにかく独力で頑張っていくしかないですね。だからこそ、ここまでの準備がものをいうわけです。