7月も最後の週となりました!
今月の最終のこのクラスの内容をご紹介したいと思います✨
◯7/25
今回も引き続き、ハロルド・ピンターの作品『The Room』のシーンを使って、取り組みました。
シーンをやるにあたり、なるべく間を開けないで、テンポ良く、相手の反応を受け取ってから自分の台詞を言うという事を指摘され、取り組んでみましたが、それを意識し過ぎるあまり、台詞が早口になり、キャラの感じているものや気づき上げた関係性を失ってしまい、折角取り組んで来た事が無駄になってしまうと気づき、間を詰める所は詰めて、開ける所は開けるよう心がけました。
シーンをやるのに集中力とエネルギーは欠かせないので、いつでも演じる時はそれを忘れず心がけたいと改めて思いました。
最後は木曜日のクラスでやってるI DOを使って、シーンをやりました。
シーンでは常にキャラは動いているので、全ての身体がどのような動いてをしているか認識して、演じなければいけないと思いました。
一昨年からWIASに入り、もう残り僅かとなってしまったので、今後学んだ事を現場で活かせるように残りのクラスで攻略したいと思います!
アッキーでした!

Post comment