久しぶりの投稿です、橋本です。

今回はまたも「重心とバランス」です。

まずは必ず始めにやるストレッチから。
首・肩・顎をほぐす。
ポールパーカーのワークショップでも習いましたが、顎って意外と力んでるんです。口周りに力が入ってるというか。
私は、口を開ける事で、閉じている時より心がオープンになっていました。
大きな発見でした。

そのあと、前回とは少し違うでのテーマで「重心とバランス」を学びました。
重心をずらす事で印象(見た目)・内面が変わります。
女性によくある、服装で気分が変わると同じ作用だと思いました。
後ろに重心を置くと、自然と肩が開き、顔も上がるので視野が広くなります。その分気持ちにも余裕ができてきます。
その人の性格や思考が顔から身体から出ているという事が明確なものになった学びでした。



また、ペアになって1人が重心とするポイントを床で指差しで動かし、そのポイントをズレないようにもう1人は動きながら追っていくゲームをしました。
私のペアは別役さんでした。身体を自由自在に動かせて、軟体で、自分の身体をちゃんと把握してるんだなぁとただただ感動してました。

普段、重心なんて意識しながら生活しないので、観察の項目に「重心に注目する」というのを入れてみようかと思いました。

【俳優は自分の身体(つま先から髪の先まで)を意識しないといけない】がとても響きました。

Post comment