こんにちは!

レベル1-12週目のブログを担当します、になです。

 

レベル1<スタニスラフスキー>

先週に引き続き、「Energy (エネルギー)」について学びました。

①ペアで1人が王、そしてもう1人が兵士となり、兵士が王に緊急事態を伝えに行くというシチュエーションで壁の方から背を向けてる王を目掛けてダッシュ!王の横でピタッと止まります。重要なのは緊急事態という設定なので、強いエネルギーを出して、早く走ること。やる事は走って止まるだけなのでとても簡単に思えますが、人それぞれ走り方や止まり方に癖が出てしまい不自然になったりと想像以上に難しかったです、、。

失敗例として止まり切れないとどうなるかを試したり、もの凄い勢いで走って来たかと思ったらただただ目の前で物を拾うだけ、他にも、自分ではなく明後日の方向を見てるなどを試して、エネルギーが急に違うところへ向けられるとすごく違和感を感じることも分かりました。

王と、王を狙う暗殺者のシチュエーションでは、暗殺者は王を目掛けて静かにゆっくりと進んでいきます。この時も、王として立っていると背後から強いエネルギーを感じたので、歩く速度とエネルギーは比例しない事が分かります。

②人生の中で起こり得る様々なシチュエーションと、それが実際に起こった時のエネルギーの強さや歩く速度がグラフ化されている紙を参考にして、その中から1つのシチュエーションを選び、エネルギーの強さや歩く速度を意識しながら向こうの壁にいる人に向かって歩きます。そして立っていた人は歩いてきた人がどのシチュエーションを選んだか当てます。表情やエネルギーの強さ、歩く速度など判断材料が沢山あるので、個人的には当て易かったと思います。ですが、立っている人が背を向けて、表情が見えない状態で同じ事をやった時は全然当てられなかったので、エネルギーの強さを調節する力と同時に、人のエネルギーを感じる力も鍛えていく必要がありそうです。

レベル2A<シアターゲーム&インプロヴァイゼイション>

①シアターゲーム

「ラジコンゲーム」

ペアになり1人は指示を出して、もう1人は目を瞑ってその指示に従って動きます。例えば、後ろに◯歩進む、ジャンプを◯回する等。その練習を終えたら、次はチーム戦です!2チームに別れて、置かれている障害物を交わしながら、先にゴールの椅子に座ったチームの勝ちです。

目を瞑っている人はもう1人の指示だけが頼りになるので、的確で、尚且つ分かり易い指示をする事がポイントです。

②インプロヴァイゼイション ソロ

「ダイエット」

ダイエットを固い決意で続けてきた。目標10kgのダイエットで現在8kgまで順調に来た。冷蔵庫を開けると、姉の作ったおいしそうなケーキがある。もう耐えるには限界がある。

最終的にケーキを我慢した人もいれば、結局食べてしまった人もいて結末は様々でした。個人的には、この題材から話を膨らませるのに苦労し、話が平坦になってしまったのが反省点です。ソロのインプロでは自分1人で話を展開させていく必要があります。そこが難しい点ではありますが、裏を返せば自由に話を進められるという事なので、もっと伸び伸びとインプロを楽しみたいです。

Post comment